スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PD コリオ・メモ No.2☆


では続きです

続きは、とりあえず先週の土曜日のコリオ追加前までにします


先週のところも記録はしたんですが…





カウントが思い出せない部分が多々あるので


そこは、別で、カウント無しの動きだけをアップする予定です


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

07:

顔を左下に向けて

1C~4C
オープンスタンスで、右手を上に上げてから右下に降ろし、降ろしたとき右腰を入れるを2セット

5C~8C
反対に同じ


08:

1C
左足を右足に寄せて、右手は右胸前で軽く握って、肘は横に出す

2C~4C
左足をもう一度オープンにして、手を降ろすと同時に、上体を腰から左前に倒してから、ロールするように起き上がる

5C6C
左肘で左真横にエルボー2回と併せて、左足を2歩で右足に寄せる、裏で両手を胸の辺りから左右に開きながら、左足をその場で踏み

7C
タタンと右足を右前に踏む(軽く右斜め前向き位になる)

8C
左足から歩いて


09:

1C~4C
さらに4歩歩いて、左に旋回しながら、なんとなく真ん中に集まり、正面を向く

5C~8C
前列は前屈み、後列は立ったまま、右手をバイバイしながら、胸をパンプしつつ体を左から右に旋回


10:

1C~4C
右足から4歩歩いて元の位置に戻りオープンスタンス

5C
左足に右足を寄せて爪先タッチで、右手を右上で2回外に払い、顔は左下向き

6C
右足オープンで両手胸

7C8C
両手を繋いで左から頭の周りをウエーブするように回しながら、左を向いて左足右足左足の順にタッタッタとオープンで踏み、両手は降ろす


● そのまま2C待つ(曲に2C遊びあり)


11:

1C
右足を後ろ(スタジオ右)に引いて、右手を前に出し、体を反らせる(掌は開かないで)

2C
体勢を戻す

3C
両足で軽くジャンプ

4C
左足を後ろ(スタジオ右)に引くと同時に、体をスタジオ後ろに回し、顔は左下向き、併せて腕を鉤の手にして左右に開き、回る時に右手下左手上に振る(3Cの裏あたりで鉤の手を作って反動を付ける)、裏でスタジオ後ろ向きに体を真っ直ぐに戻し腕を下ろす

5C
上体を左に捻って、右手で口を塞ぎ、スタジオ正面を見る

6C7C
左足を前クロスで右足にかけて、右回りに回ってスタジオ正面を向く

8C
両手を胸の辺り(胸からは少し離す)にして、右肘を前から上・後ろに回すようにすると同時に、右足を後ろに引いてから、タタンと右足・左足の順に踏む(7Cの終わりから動きに入らないと間に合わない)


12:

1C
勢いで戻りながら右足を前に出して、右肘を下に押すようにして、踏み込む

2C
右足を再び引いて、右肘を下に押すようにして、踏み込み、裏で左足を右足後ろに1歩引くように踏んで

3C
右足を右にサイドランジと同時に右手をアップし、裏で右足を左足後ろに1歩引くように踏んで

4C
左足を左にサイドランジと同時に左手をアップし、裏で左足戻してしっかり踏んで

5C
右に右足で飛び込むように出て、同時に両手を獣の手で上から軽く下に振り下ろす

6C
勢いで戻りながら左足を踏んで

7C8C
右左で歩いて左足は前にオープンスタンスでスタジオ右向き、裏で右にプレパレーション


13:

1C
首を右に曲げ、右手は肘を体に付けて右に出し、左手は肘を左に出してまげて手は腹の辺り(一旦ストップ)

2C3C
そのままの姿勢で、右足を軸にして右回りで1回転し、裏で右足をオープンで踏み

4C
タタンと左足を踏む

5C6C
右手を下から、前を通して上に上げ、裏で右足ニーアップで体も曲げて足に寄せ、体右向き

7C
上げた右足を後ろ(右を向いているからスタジオ左)に出して着く、その時両手を下に押すようにし、裏で左足ニーアップで体も曲げて足に寄せ、体は正面

8C
上げた左足を左に開いて着く、裏で両膝イン


14:

1C
右向いて、膝を曲げて腰を落とし、左手を右腿に(右手は下に降ろす)

2C3C
背中を猫のように持ち上げるのを2回

4C5C
軽くジャンプして、スタジオ右を向いてから、左足右足の順にタタンと踏んで、左手を前に伸ばして歌舞伎の手

6C
左手をグーにして引きながら、左ステップタッチ

7C
左手肘を脇腹に付けて左手グーで伸ばしたまま、右ステップタッチ

8C
左足オープン


15:

1C~4C
右足をバッククロスにし、両手を伸ばして左右から上に上げていき、両手を合わせて合掌で降ろすと同時に体を少し沈める

5C~8C
両手を左右に開きながら(両手は指上)、クロスした足を開くように右回りに1回転


16:

1C
左足オープンと同時に右手上(水を救うような形で手の甲を左に向ける)で左手は下(同じく水を救うような形で手の甲を右に向ける)

2C
手の形はそのままで、上下の手を胸前で寄せて、手首を合わせる

3C4C
両手を手首を軸に下から内を通して前に回し、前になったら下に降ろして足の間まで持っていくと同時に、両膝イン

5C~8C
その姿勢のままクラブステップを右左右左の4回


17:

1C2C
両手をバッティングのように左から右上に振りながら右足を上げて

3C
一旦左を向いて右足を着き、裏で左回りに右向きになると同時に左足を着く

4C
次に若干開き気味に右足を着く

5C
両手を体前に着くと同時に右足を伸ばして後ろに振り上げ、少し遅れて左足をジャンプさせ

6C
体が山の形になるような距離に左足を着く

7C8C
胸を両手の間に着地させてから腹・腰・足と接地させうつ伏せになる(着いた左足に注意…うまく離さないと距離が近い場合に手を痛めます)


18:

1C2C
うつ伏せ状態で、左手を右手脇の下を通して右に伸ばしながら体を回していき

3C4C
体を上に向けて両手を開いて、両足伸ばしたまま仰向けになる

5C~8C
ゆっくりと胸から起き上がり(両手は下げた状態で体の支えにしてよい)、同時に両膝も立ててきて(膝と胸が引き合うようにする。足は浮かさないように)、最後体育座りになり、両手で膝を抱える


19:

1C2C
左足を伸ばすと同時に、両手を後ろに着いて胸を反らす

3C4C
左手と左足を支えにして腰を上げた状態で左を向き、右手は天井に向けて伸ばす

5C~8C
体を戻して(降ろして)から、膝を折って小回りが利くようにしながら左回りに一気に回ってから、正面を向いて膝を開いて正座する


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


長くてすいませんでした


では、続きは後程★


スポンサーサイト
プロフィール

☆ひろ☆@もっくん

Author:☆ひろ☆@もっくん
普通のビジネスマンだった☆ひろ☆(もっくん)が

2006年1月からスポーツクラブ通いを始め

その後、いつの間にやらインストラクター資格を持ち

そして今、永年勤めた会社を退職し、第2の人生チャレンジ中!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。